あべこべアクター(α)

隠れニコ厨がたわごとを書き連ねるかもしれないブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

洞窟物語

ドイツ語の小テストオワタ

さて、今日は一時期すごくハマっていた洞窟物語というゲームの紹介です。
公式ページはこちら→開発室Pixel
倉庫→2004 Gameの欄の人みたいなアイコンをクリックでダウンロードできます。
Macの方も、ファンの方が移植されたようです。よく見たらアップル公式にも紹介されてました。

ここから先は私の主観で話します。wikipediaにも紹介されているし、この作品には大勢のファンがいるので、客観的な意見はそちらを参考にしたほうがいいと思います。

誰かの通信が聞こえる・・・
主人公は小さな洞窟の小部屋で目を覚ます。
コウモリとかなんか妙なかわいさをもつ生き物をよけながら洞窟を探索すると、別の部屋が。
その部屋の中では老人が一人眠りこけていた。
部屋の隅の宝箱の中には銃が。これがあれば戦えるかも!と主人公は早速銃を強奪しましたw

初めのストーリーをまとめると、こんな感じですかね?
このゲームの面白さは、ファミコン風のグラフィックとBGMに似合わず、しっかりとしたストーリーがある上、その中での小ネタが妙に面白い所です。プレイヤーを飽きさせない。
さらに、BGMも名曲と呼んでいいほど素晴らしい音楽がたくさん入っています。個人的にはボス戦の「グラビティ」、最初の曲「大農園(洞窟物語)」、タマゴ回廊「わんぱくロボ」などが好きです。
音楽だけ聴いてみたい方は、作者HPから「洞窟物語BGM試聴」をダウンロードしてください。新・旧で収録曲に若干の違いがあるようですので、どちらも聞いてみるのがいいでしょう。

難易度は途中から少し高くなります。もちろんステージ難易度も上がりますが、それよりもボスの難易度上昇率は高いです・・・迷宮あたりからグンと難しくなります。しっかりセーブをしてから臨みましょう。

セーブはProfile.datというファイルに保存されるので、どうしてもバックアップを取りたい場合はそのファイルをコピーして保存してください。
昔やった時はセーブデータマネージャみたいなのがあったんですが所在不明になってしまいました・・・

ちなみに、このゲームにはBad,Normal,Trueエンドの3種類があります。攻略サイトなどを見れば一発なので、最初の分岐のヒントだけ。

飛び越してってください。ちゃんと踏み切り線があります。

その分岐点まで行けば何のことか分かると思います。
ですが最初はNormalを見てからのほうが面白いかもしれません。
条件を満たしていればNormalとTrueのどちらのエンディングを見るかを決められます。ですが、Trueに行く条件がかなり複雑なうえ、途中のダンジョンの難易度が跳ね上がるので、初プレイではお勧めできません。


というわけでゲーム紹介1本目は洞窟物語でした。かなり面白いゲームなので、一度やってみることをお勧めします。


以下、断り書き。
作者様から連絡をいただいた場合、及びあまりにも不快に思われた方が多かった場合には記事を消去させていただきます。
以後ゲーム紹介をする場合においてもこのルールを守りますので、作者様が不快に思われたならば連絡してください。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

ゲーム紹介(フリー) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<コンタクト | HOME | 私の将棋の実力>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。